4月7日
硬すぎる歯ブラシは、できるだけ避けよう

お酢やワインなどの酸を含む食品によって、歯のエナメル質がやわらかくなり、そこが侵食されることを「酸蝕歯(さんしょくし)」といいます。そして、やわらかくなった歯のエナメル質は、硬い歯ブラシでこすると削られて、酸蝕歯を進行させてしまいます。そのために歯が黄ばんできたりもしますので、やわらかい歯ブラシを使って、すみずみまで磨きましょう。

前へ

バックナンバー

2010年4月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。