4月20日
不妊症改善に漢方も視野に入れよう

不妊症は西洋医学でも治療が難しい分野です。ホルモン治療は副作用の強さも気になるため、躊躇している方もいるようです。不妊の悩みを抱えている方は、漢方も視野に入れてみるのもいいでしょう。漢方では子宮、卵巣の血行を良くする薬を使います。そして、基礎体温が低いと卵子が育ちにくく着床しにくいため、体温アップを目指すのも良いとされています。漢方治療を併用している病院で相談してみてくださいね。

前へ

バックナンバー

2010年4月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。