4月22日
日常の心がけで、骨盤臓器脱を防ごう

膣から、膀胱や子宮、直腸などが飛び出してくることを「骨盤臓器脱」といいます。初期では、膣の入口にものが挟まっている感じがして、進行すると、やがて体外に飛び出してしまうのです。予防と治療には、骨盤底筋体操で筋肉を強くすることが一番です。また刺激物の食べ過ぎに注意したり、便秘をしないことも心がけましょう。

前へ

バックナンバー

2010年4月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。