5月11日
軟水と硬水を上手に使い分けよう

水に含まれているカルシウム塩とマグネシウム塩の合計値が、高ければ「硬水」、低ければ「軟水」といわれます。硬水は、硬い肉を煮込むシチューなどの味わいを深めたり、利尿効果が高いといわれています。一方、軟水は、そのまま飲んだり、ご飯を炊いたり、お茶を淹れるとおいしい特徴があります。用途に合わせて水の性質を選ぶと、おいしく利用できますよ。

前へ

バックナンバー

2010年5月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。