5月14日
アサリの殻の、痰を鎮める作用に注目しよう

アサリの殻は東洋医学的に「微寒性」で、体にこもった余分な熱を収める働きがあります。さらには、気管にからんでしまう「粘っこい痰」を鎮めてくれる作用もあります。漢方ではアサリの殻を粉にしたものを「ゴウリフン」といい、体内の余分な水分を取り除く効能があるとされています。栄養的にもミネラルが豊富ですから、覚えておきたいですね。

前へ

バックナンバー

2010年5月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。