5月19日
食事抜きによるドカ食いの危険を避けよう

食事を抜いてしまうと、脳の神経は、空腹を「カラダの危険」と判断します。そのため、この危険を回避するために「次の食事」をしっかり食べるように命令を出すのです。これが「ドカ食い」となり、カロリーオーバーやリバウンドの原因になります。摂取カロリーを減らそうと食事を抜くよりも、いつも決まった時間にきちんと食事をしたほうが、栄養のバランスも崩れにくく、ダイエットにも成功しやすいと言えます。

前へ

バックナンバー

2010年5月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。