6月6日
便秘に漢方薬を使ってみよう

西洋薬でつかう下剤は、便をやわらかくすることで出しやすくするお薬です。そのため快便になるのは、一時的なことが多いのです。それに対して漢方薬では、動きの悪い腸そのものの働きを良くします。さらに体質を改善し、やがて薬を飲まなくても良い身体にしていくことができるのです。早い人は、薬を飲んでその日のうちに、通常は1週間程度で快便体質に変わっていきます。

前へ

バックナンバー

2010年6月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。