6月15日
塩を活用して、不安物質をとりのぞこう

塩には食材から水分を引き出す作用があるため、不安物質も一緒に外に出してくれます。例えば農薬が心配な「野菜」や、添加物の多い「加工食品」などに活用してみましょう。塩もみしたり、塩水にさらしたりして、内部から出てきた水分をふきとったり、こすり洗いすることで食品の安全性を高めることができます。

前へ

バックナンバー

2010年6月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。