6月25日
ミルクティーとレモンティーを比較しよう

紅茶には、抗菌作用のあるポリフェノールがたくさん含まれています。そのポリフェノールの中でも、渋みや色、香りに影響するのはカテキン(タンニンの1種)、色を作っているのがテアフラビンなどです。ただしテアフラビンは、タンパク質と結合すると力が弱くなってしまいます。ですから、紅茶の抗菌力をより生かしたいなら、「ミルクティー」より、抗酸化力の強いビタミンCが豊富に含まれている「レモンティー」にして飲みましょう。

前へ

バックナンバー

2010年6月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。