6月28日
統合失調症について理解しよう

100人に1人ほどという高い発症率の統合失調症は、かつては精神分裂病といわれ、遺伝ではないかと偏見を持たれがちでしたが、今は、回復して社会復帰することが可能な病気とわかっています。症状は、いない人や物が見えたり、声が聞こえる「幻覚症状」や、人に追われているなどの「被害妄想」、悲しい場面で笑うなどの「異常行動」があります。原因は、脳の伝達物質が出すぎるために起こるという説も。異常行動があっても本人には自覚症状がないことが多いので、家族や周りの方が早期発見し、いち早く治療をすることが大切です。

前へ

バックナンバー

2010年6月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。