6月30日
高血圧対策にクラゲを取り入れよう

クラゲを東洋医学的にみると、「生」で食べる場合と、「加熱」して食べる場合とでは、働きに違いがあります。生で食べると体内の「余分な熱」を収めます。ただし、消化しにくいため、胃腸の弱い方や消化力の衰えている老人は控えめにすることを薦めます。また、加熱して食べると消化不良が解消されて、「血圧」を下げる働きが生まれます。高血圧で悩んでいる方は、炒め物に入れるなどして、食生活に取り入れてみてはいかがでしょうか。

前へ

バックナンバー

2010年6月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。