7月28日
緑黄色野菜を油料理に活用しよう

ホウレンソウやブロッコリーなどの緑色の野菜、そしてトマト、ニンジン、かぼちゃのように赤・オレンジ・黄色などの野菜を総称して「緑黄色野菜」と呼びます。これらの野菜に含まれている代表的な成分は「カロテン」という脂溶性のビタミンです。油に溶けやすい性質をもっているため、油と一緒に食べるような料理に活用すると、栄養を吸収しやいという特徴があります。特にオリーブオイルやなたね油のような「オレイン酸」を多く含んでいる油と一緒に料理すると、悪玉コレステロールを減少させる効果も期待できるのです。ぜひ毎日の食生活の参考にしてください。

前へ

バックナンバー

2010年7月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。