8月14日
お風呂上りに、ゆっくり汗をひかせよう

体の気になるニオイには、肌の表面に出てくる「皮脂」が影響します。皮脂を増やさないためには、肌に「潤い」をもたせることが大切。例えば、お風呂上りにエアコンで急激にカラダを冷やすと、肌にある「必要な水分」まで一緒に蒸発して、それが皮脂を増やすことにつながります。ですから、うちわや扇風機でゆっくり汗をひかせるようにしましょう。ゆっくり汗がひいていけば、汗の水分が角質に吸収されて、肌を潤してくれています。それが皮脂を防ぎ、体臭を抑えてくれるのです。

前へ

バックナンバー

2010年8月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。