8月16日
気の流れを整えて、倦怠感をとりのぞこう

寝ても疲れがとれない…、疲労が何日も続く…。そんな倦怠感の原因には、「自律神経」や「ホルモンバランス」の乱れが関係していることがあります。そのような時には「天枢(てんすう)」というツボを刺激してみましょう。おへそから、左右の真横に指幅3本分のところにあります。腸のはたらきを整えて気を活発にし、全身の活力を取り戻すことができます。

前へ

バックナンバー

2010年8月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。