8月18日
熱中症を防ぐための、水の飲み方を知ろう

夏の暑い時期に気をつけたいのが「熱中症」です。熱中症を防ぐポイントは、水を「こまめに飲むこと」!水は一度に大量に飲んでも吸収されにくいので、ちびりちびり、ゆっくり飲むのが理想です。1日の目安は、1.5リットル〜2リットルほどを、コップ1杯ずつ飲むと良いでしょう。のどの渇きが強いときには、コップ2杯分を目安に飲むとよいとされています。

前へ

バックナンバー

2010年8月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。