8月24日
糖尿病が気になる人はカボチャを食べよう

カボチャには、コバルトという微量な元素が含まれているそうです。最近、コバルトは動脈硬化の予防や糖尿病の改善に効果があると言われるようになりました。また、すい臓のインシュリンの分泌を促進したり、造血作用を促して、新陳代謝を促進するとも言われます。ビタミンが豊富で、昔から緑黄色野菜の代表として知られるカボチャ。皮をつけたまま軟らかく煮てどんどん食べましょう。

前へ

バックナンバー

2010年8月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。