8月25日
物忘れしないために、脳の構造を知ろう

もの忘れは、加齢とともに脳の回路を伝わる「速度」が落ちてくるために起こります。しかし、誰でも興味があることは忘れないですよね。その違いは、物忘れするような記憶は、もともと真剣に覚えようとしていなかったから。つまり脳は、基本的にどうでもいいことを忘れ、重要なことは忘れないメカニズムなのです。要は記憶力よりも「好奇心の低下」が原因。もの忘れが気になる方は、生活の中に「好奇心」や「刺激」を増やす工夫をしてみましょう。

前へ

バックナンバー

2010年8月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。