8月27日
小脳失調の危険サインをチェックしよう

小脳は運動機能を司っているところで、平衡機能とも関わりがあります。小脳失調による病気は、パーキンソン病、脳血管障害、脳腫瘍などですが、どれも起こるパターンが特定できず、予防が難しい病気です。小脳のセルフチェック法は、「右足のつま先」の前に「左足のかかと」をつけ、次に「左足のつま先」に「右足のかかと」をつける…というように、1本の線上を10歩程歩く方法。これができれば小脳は問題はないと思っていいでしょう。もし、心配なことがある場合には、早めに医療機関に相談しましょう。

前へ

バックナンバー

2010年8月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。