10月14日
干しシイタケで栄養力をアップさせよう

シイタケは、東洋医学的に「寒性」で、体にこもった余分な熱を収める作用があります。そのため、血圧が高い方、のぼせやすい体質の方に適しています。生のシイタケには「エルゴステロール」という成分が含まれており、これは日光を浴びると「ビタミンD」に変化します。自宅でも、買ってきた生シイタケを天日に干せば、「ビタミンD」が豊富な干しシイタケを簡単に作れます。ビタミンDは、カルシウムの吸収を助ける働きもあるので、小魚などでカルシウムも一緒に摂ってみてください。

前へ

バックナンバー

2010年10月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。