10月22日
花梨(カリン)の咳止め効果を活用しよう

花梨(カリン)は東洋医学的に、タンを除き、セキを収める作用があります。さらには、胃の機能を回復させて、むかつきや嘔吐を止める働きもあります。そのため、昔から民間療法として多用されており、喘息の発作を収めるためにも重宝されています。ビタミンCなどの抗酸化成分も含まれていますので、ぜひ活用してみましょう。

前へ

バックナンバー

2010年10月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。