10月28日
キジ肉は今が滋養が高いと知ろう

キジ肉は、ヨーロッパなどでは家庭料理にも使われ、高タンパクなのにカロリーは鶏肉の半分。独特の味わいを知ると、他の肉では物足りなくなるようです。日本でもフランス料理店や専門店で食べることができ、インターネットなどで買うこともできます。東洋医学的に、秋冬(9月〜12月)には「滋養」があると言われていますので、試してみましょう。

前へ

バックナンバー

2010年10月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。