11月14日
疲れと、甘いものの関係を知っておこう

甘いものを食べると「疲れ」がとれると、よく言われます。しかし、それは一瞬だけで、本当の疲れを取り除くわけではありません。甘い物は血糖値を上昇させるため、一瞬元気だと感じますが、すぐに血糖値が急降下します。それによって逆に疲れがひどくなることもあるのです。もちろん少しならOKですが、疲れたからといって甘いものの食べ過ぎには十分注意してください。

前へ

バックナンバー

2010年11月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。