11月16日
歯痛のときには、合谷のツボを刺激しよう

夜中などに歯痛で悩んだ時には、「合谷(ごうこく)」というツボを刺激してみましょう。手の甲を上にして指をひろげ、親指と人さし指が交わるつけ根を見てください。その人さし指側の骨のキワで、少しくぼんだところが「合谷」です。ここは歯と経絡(けいらく)的につながっており、歯痛を和らげるツボです。ただし歯科医に行くまでのつなぎとして考え、できるだけ早く歯科医へ行きましょう。

前へ

バックナンバー

2010年11月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。