11月22日
アルカリタイプの白髪染めには注意しよう

白髪染めをするヘアカラータイプの中でも、特に髪にダメージが大きいのは、髪を脱色しながら色素を入れる「アルカリタイプの酸化染毛剤」です。脱色しなければ自毛より暗くしか染まりませんから、もし黒髪を明るく染めたいなら、このタイプが向いています。しかし、髪へのダメージを考えるなら、このタイプはできるだけ避けたほうがよいでしょう。

前へ

バックナンバー

2010年11月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。