12月6日
大豆製品は、胚軸のついた丸大豆を使おう

一般の大豆製品は、製造過程でイソフラボンが豊富な「胚軸(はいじく)」を取り除いているものと、大豆を丸ごと利用しているものがあります。胚軸まで大豆を丸ごと利用しているものは、「丸大豆」と記されていますので、そちらを選ぶようにしましょう。イソフラボンは女性ホルモンを補う働きがありますので、摂取し続ければ「美容効果」も期待できます。

前へ

バックナンバー

2010年12月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。