12月7日
立ち仕事の方は、下肢静脈瘤に注意しよう

下肢静脈瘤(かしじょうみゃくりゅう)は脚の血管の機能が衰えて、血液が脚にたまることにより様々な症状を引き起こすというものです。30代以上の女性にとっては、身近な病気です。主な症状は、脚がむくむ、だるい、つる、血管が目立つ、かゆい…など、さまざまです。同じ姿勢で長時間立ち続けている人は、足の血液の循環が滞りがちになるので発症しやすい傾向があります。時々足を高めにして休息を取ったり、適度な運動やマッサージをしたりして、足に血液が溜まらないようにしましょう。

前へ

バックナンバー

2010年12月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。