12月15日
手を握って、高脂血症のチェックをしよう

胸の前で、手の「指の付け根」あたりを、もう一方の手で5秒間ギュッと握り締めます。そしてゆっくり握った手を放してみてください。この時に、5秒以上経っても赤みが消えなければ、「高脂血症(こうしけっしょう)」の疑いありです。「高脂血症」とは、血液中の脂質が正常値より高い状態で、血液がドロドロした状態です。放置すれば、動脈硬化、そして心筋梗塞、脳梗塞へとつながる危険もあります。セルフチェックをして心当たりのある方は、早めに病院で検査してみてください。

前へ

バックナンバー

2010年12月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。