12月17日
便秘改善のために、そばを夕食に食べよう

そばには食物繊維が多く含まれているため、便秘改善に期待ができます。1日に必要な食物繊維の量は約20〜25gと言われていますが、現代人は平均で約15gしか摂れていません。そばは「1食約5g」と言われていますから、それを補うことができます。そばの食物繊維は、食べてから大腸に届くのは翌日の午前中になります。つまり、朝のお通じをすっきりさせたいなら、夕食に食べることがいいのです。

前へ

バックナンバー

2010年12月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。