1月16日
生理中は、昼寝をしないようにしよう

生理の時は体をなるべく休めたほうがいいのですが、昼寝はしないほうがいいです。昼に寝すぎると1日の生活リズムが崩れ、体内時計が狂うことがあります。それによって自律神経のバランスも崩れ、夜に良質な睡眠を取りにくくなります。夜、ゆったり過ごしてから早く寝て体を休めましょう。

前へ

バックナンバー

2011年1月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。