1月21日
紫外線が免疫力を低下させると知っておこう

紫外線を浴びすぎると「免疫力」が低下してしまうことをご存知ですか?皮膚には「ランゲルハンス細胞」というものがあり、異物の侵入をいち早く「免疫システム(リンパ球)」に伝える働きをしています。しかし、紫外線を浴びすぎてダメージを受けたランゲルハンス細胞は、機能が低下して、細菌やウイルスが皮膚から侵入しても免疫システムに情報を伝えられず、そこから感染してしまう恐れがあります。過剰な日光浴は、免疫力を低下させるきっかけになることを、覚えておいてくださいね。

前へ

バックナンバー

2011年1月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。