1月28日
ブロッコリーで、糖尿病の予防をしよう

冬が旬のブロッコリーは、東洋医学的に「五臓の機能」を調節しながら、内臓を回復させる働きがあります。ビタミンCも豊富に含まれており、風邪が流行る季節にピッタリです。さらにブロッコリーに含まれている「クロム」という成分は、インシュリンの働きを高めて、糖尿病を予防する効果が期待されています。家族に糖尿病の人がいたり、糖尿病予備軍の方は、ブロッコリーを食生活に上手にとり入れてくださいね。

前へ

バックナンバー

2011年1月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。