1月30日
風邪は、一番身近な感染症だと知ろう

感染症の多くは、深刻な状態になる前に手を打つことができます。その一方で、いまだに決め手となる治療や特効薬のない感染症もあります。その代表が「風邪」。医学的には、「かぜ症候群」といい、鼻水・せき・のどの痛みなど、主に呼吸器の炎症や熱などの症状を、総合したものを指す名称です。この「かぜ症候群」は、さまざまなウイルスによって起こりますが、免疫力が普通のレベルに保たれていれば、それほど大きな悪さはしません。カラダに疲れを溜め込んでいる方などは、休息をとり、免疫力を低下させないようにしましょうね。

前へ

バックナンバー

2011年1月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。