1月31日
目の疲れには、睛明のツボを押し上げよう

目の周囲には、小さな筋肉が集まっています。目を酷使すると、この筋肉部分の血行が滞ってきますから、ツボを押してやりましょう。目の疲れにいいツボは「睛明(せいめい)」。目頭の少し上で、鼻よりのくぼみにあります。ここに親指を当てて、くぼみの奥に指を入れ込むように押し上げると、視界がパッと晴れて明るく感じられます。

前へ

バックナンバー

2011年1月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。