2月7日
楽チン食が子宮に負担をかけることを知ろう

ファーストフードや加工食品など、手軽にとれる「楽チン食」のほとんどには、防腐剤や甘味料など、たくさんの添加物が使われています。添加物は体に負担をかけ、私たちの「子宮」に溜まりやすいと言われています。また、現代の肉食中心の生活は子宮を疲れさせ、栄養バランスの悪さが、「卵巣寿命」を短くさせてしまうと言われます。食事は、人間の体を作っていくものということを忘れないようにしたいですね。

前へ

バックナンバー

2011年2月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。