2月8日
不整脈について理解しよう

不整脈とは、心拍動のリズムが乱れたり、脈拍数が多くなったり少なくなったりすることです。心臓の生体ペースメーカー部から出た「電気信号」は心筋へと伝えられて、規則正しく動いており、この電気信号がうまく伝わらないことが原因です。ほとんどの場合リスクがなく、危険な状態になることはありません。ただし、重症化した場合は体力が低下し、ふらつき、めまい、失神などが起こり、結果として死に至ることもあります。重症な不整脈の場合は、医師の判断により「人工ペースメーカー」を鎖骨の下に埋め込み、規則正しい電気信号をサポートします。

前へ

バックナンバー

2011年2月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。