2月17日
コンニャクで便秘解消をしよう

こんにゃく芋に含まれるグルコマンナンに水酸化カルシウムなどの凝固剤をまぜて「板コンニャク」や「糸こんにゃく」が作られます。コンニャクの不溶性の食物繊維が消化されずに腸の中を進んでいくために便のかさが増し、排便のサインが出て、便秘を解消できることがわかっています。低カロリーのコンニャクで便秘解消できれば、ダイエットにも効果ありですね。

前へ

バックナンバー

2011年2月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。