2月26日
手荒れの予防法を知っておこう

毎日水仕事をする女性や、紙をさわる仕事をしている人に多く見られるのが、手の「主婦湿疹」です。大きく分けると「湿潤(しつじゅん)型」と「乾燥型」に分かれます。湿潤型は、指の腹や手のひらに「小さな湿疹」や「水ぶくれ」ができて、そこから傷ができて痛みが起こります。乾燥型は、皮膚の表面がカサカサしてきて、ヒビ割れて痛みます。予防としては、ゴム手袋をして直接お湯や洗剤などに触れないようにしたり、手袋を使って冷たい風に当てないようにすることです。シャンプーやせっけんも低刺激なものを選ぶようにしましょう。

前へ

バックナンバー

2011年2月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。