3月5日
心筋梗塞予防にストレスを減らそう

心臓に酸素や栄養を送っている冠動脈が詰まり、心臓の筋肉細胞が壊死した状態を「心筋梗塞」といいます。緊張や不安感などのストレスが緊張状態をつくり、交感神経が高まり、血管の収縮、心拍数と血圧が上がり、心臓に負担がかかるのです。性格的にストレスを溜めやすいと感じているなら、できるだけ物事をおおらかに見るようにして、嫌なことは忘れるように努めましょう。

前へ

バックナンバー

2011年3月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。