3月7日
朝起きたら寝床で伸びをしてみよう

一日を気分よく過ごすために大事なのが、朝の目覚め。気持ちよく目覚めれば神経伝達物質のドーパミンが分泌され、元気がみなぎってきます。そのためには、「あー、よく寝た」と思いながら、寝床で伸びをしてみましょう。少々寝不足のときも、脳がだまされて、疲れが軽くなりますよ。

前へ

バックナンバー

2011年3月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。