3月8日
胃液の分泌はストレスに左右されると知ろう

胃液の分泌量は、「自律神経」に深く関係していて、その人の精神状態によって大きく左右されます。怒ったり心配したり、悲しんだりなど、ストレスを感じたときには、胃液の分泌量は極端に減っています。その結果、消化する力が衰えて、食べたものが通常よりも長く胃の中に停滞してしまうのです。それが「胃もたれ」という症状。楽しく、笑いながら生活することが、胃の働きにとってもいいことなのですね。

前へ

バックナンバー

2011年3月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。