3月12日
ジャガイモのビタミンCは熱に強いと知ろう

ビタミンCは、血管や粘膜を丈夫にする「コラーゲン」の生成に使われたり、ウイルスへの抵抗力を高める「インターフェロン」の合成を促進して、風邪の予防などに役立ちます。そんなビタミンCの含有量がいも類の中で、トップクラスなのは「ジャガイモ」。本来、ビタミンCは水に溶けやすく、熱に弱い栄養素ですが、ジャガイモのビタミンCは、でんぷんに包まれているため、熱に強い特徴があります。じゃがいもを煮たり焼いたり、ふかしたり……。さまざまな料理で、どんどんビタミンCを摂っていきましょう。

前へ

バックナンバー

2011年3月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。