3月14日
花粉症対策の減感作療法を知ろう

花粉症の治療法として「減感作療法(げんかんさりょうほう)」があります。これは、少量の花粉エキスを、濃度を上げながら何回も注射していき、徐々に体を花粉に慣らしていく方法です。2〜3年間、定期的に医療機関に通いながら治療を進めなければならなかったり、少量とはいえアレルゲンを体内に入れることで、アレルギー症状が出てしまう人もいます。花粉症を治したいという方は、一度医療機関で相談してみましょう。

前へ

バックナンバー

2011年3月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。