4月19日
ニラを食べて、全身の血液循環をよくしよう

春先は餃子の具としてお馴染の「ニラ」が一年でもっとも美味しくなる季節です。東洋医学的に「温性」で、胃腸を温めて、気のめぐりを良くする効果が期待できます。最近では、全身の血液循環を良くすることで、「冷え改善」にも役立つ食材として重宝されています。ニラを選ぶポイントは、葉先がピンとして緑色が濃いこと。渇くとすぐにしおれてしまうので、保存の際には、湿らせた新聞紙やキッチンペーパーに包むようにしましょう。生のまま粗いみじん切りにし、小分けにして冷凍保存にするのもオススメ。味噌汁やスープなら凍ったまま入れればいいのでとっても便利ですよ。適量を摂りながら、体の流れを良くしてくださいね。

前へ

バックナンバー

2011年4月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。