4月30日
生理中の甘いものは小豆入り和菓子にしよう

生理中は、月のなかで一番子宮に負担がかかるときなので、排出の邪魔になる刺激が強い食事や激しい運動は避けましょう。また、生理中に甘いものが欲しくなったら、小豆の入った和菓子がおススメです。生クリームのケーキなどは、「動物性脂肪」で体を冷やしてしまうので、この時期は避けること。もしどうしても食べたい時は、体を温める陽性の「ほうじ茶」や「番茶」と一緒にどうぞ。

前へ

バックナンバー

2011年4月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。