5月3日
更年期障害のホルモン補充療法を知ろう

「ホルモン補充療法(HRT)」とは、更年期症状や更年期障害の治療のために、閉経前後に体内で不足してきた女性ホルモン(エストロゲン)を、飲み薬や貼り薬として補充する療法です。これは婦人科の管理のもとに、主にエストロゲン製剤が処方されます。現在、日本で処方されるエストロゲン製剤には、飲む、塗る、貼る、注射するタイプがあります。健康保険適用のものもあります。もし、生活を充実させるためにHRTが必要だと考えたら、まず情報を集めましょう。そして、専門の医師や医療機関に相談しましょう。

前へ

バックナンバー

2011年5月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。