5月4日
母乳の成分ガラクトースに注目しよう

母乳には、「ガラクトース」という成分が含まれています。これは、消化吸収されずに腸内まで届き、善玉菌の増殖を促進すると言われます。さらに、ビフィズス菌に好まれる性質があるため、母乳で育てられた新生児は、そうでない新生児より多くのビフィズス菌を保有しているのだとか。ビフィズス菌は、腸からのウィルス感染を予防してくれるといわれるものですから、母乳が赤ちゃんにとって大切なことかわかりますね。

前へ

バックナンバー

2011年5月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。