5月6日
生理後7日間は、強い刺激物は避けよう

生理後の7日間を「卵胞期(らんぽうき)」といい、卵胞から卵胞ホルモン(エストロゲン)が分泌されて、子宮内膜がしだいにやわらかくなっていきます。この時期は、血流や気の流れがスムーズになり、お肌の調子もよくなります。香りの強いものや、辛いもの、カフェイン、アルコール類は、流れをよくし過ぎてしまうため避けたほうがよいでしょう。

前へ

バックナンバー

2011年5月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。