5月16日
日差しによる脂漏性角化症を知ろう

紫外線の影響や老化現象で、皮膚の表面が盛り上がってイボのようになったものを、「脂漏性角化症(しろうせいかくかしょう)」と言います。中年以降にできることが多く、手のひらや足の裏以外の皮膚に現れます。美白系の化粧品は効かず、また良性腫瘍なためにそのままにしていることが多いもの。気になるようなら、皮膚科専門医に受診しましょう。

前へ

バックナンバー

2011年5月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。