5月29日
卵胞期は、旬の鮮度のよいものを食べよう

月経が終わると「卵胞期」に入ります。排卵の準備のために、新しい卵子や子宮内膜を作る時期ですから、食事にはエネルギーに満ちたものを。雑穀や玄米、ナッツのような種や実などを意識して摂るようにしましょう。胃腸が弱い方なら、発芽玄米や玄米粥などがおススメ。また、食品の鮮度にこだわり、旬のものを食べるようにしましょう。季節の違うものや、遠い国の輸入食材などは避けるほうがよいでしょう。

前へ

バックナンバー

2011年5月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。