6月13日
糖尿病対策として、足裏のゾーンを押そう

糖尿病は食事を改善したり、運動習慣を身につけることが基本ですが、手足の押しもみで、内臓の機能を高めるのも効果的です。足裏の親指の下に、ふくらみがなくなった場所があります。そこから少し下が「すい臓ゾーン」です。ここを中央から側面に向かって押しもみすると、すい臓の働きが良くなります。血糖値を調整するホルモン「インスリン」は膵臓から分泌されるので、食事療法や運動習慣と組み合わせて、活用したいですね。

前へ

バックナンバー

2011年6月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。